newtitle

食肉用家畜の御霊を供養する獣魂祭

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 株式会社米沢食肉公社(米沢市万世町)地内にある獣魂碑を前に、10月22日、行政、生産者、購買者、食肉処理などの関係者が、人間の食のために尊い命を捧げた家畜を供養する獣魂祭を行いました。
 はじめに、上杉神社祢宜が神事を執り行い、株式会社米沢食肉公社日下部道雄社長を始めとして次々と玉串を奉奠しました。日下部社長は出席者を前に、「食肉需要が増大する中で、家畜からの尊い命をいただきながら生活をしています。家畜への感謝と御礼、獣魂にご冥福をお祈りします」と挨拶を行いました。獣魂祭終了後は出席者が恒例となった焼肉で直会を行いました。

(2016年10月22日21:20配信)