newtitle

「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 1968年に設立された包装分野における唯一の国際的組織である世界包装機構(以下WPO、本部:スエーデン、世界80か国加盟)が主催する世界パッケージコンテストで、高畠町、米沢市、東京(2社)の計4社共同開発の菓子用パッケージが、「2017ワールドスター賞」に決定し、平成28年12月28日、高畠町にある(株)セゾンファクトリーで受賞に関する記者会見が行われました。
 2016年(平成28年)11月17日、オーストリア・ウィーンで開催されたWPO主催の選考委員会で「2017ワールドスター賞」に選ばれたのは、(株)セゾンファクトリー(齋藤雅一社長、高畠町)、東北物流(株)(前山健二社長、米沢市)、王子産業資材マネジメント(株)(東京都)3社が企画し、王子パッケージング(株)(東京都)が製造した立方体を三等分割した四角錐形状のパッケージである「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」(3 pyramid packages for 1 cube)です。キューブの一辺は、長さ8センチメートルです。
 世界パッケージコンテストは、WPOが主催する包装技術の分野では最も権威のあるコンテストで、各国や地域で開催されるパッケージコンテスト入賞作品のみが応募でき、日本では社団法人日本包装技術協会主催の「日本パッケージコンテスト」に入賞したものに限られます。世界パッケージコンテストは、世界の優れたパッケージとその技術を啓蒙、普及することを目的に毎年1回開催されており、飲料、電子機器、食品包装、健康と美容、生活用品、贅沢品、医療、販促品、輸送箱、その他の計10分野で、内容物の保護、ハンドリング、充填、開閉の容易さ、セールスアピール、グラフィックデザイン、品質、経済性、コスト面、環境保護、リサイクル適正など10項目で採点され、一定以上の得点のものに「ワールドスター賞」が贈られます。
 
 「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」は、2016年日本パッケージコンテストで「菓子包装部門賞」を受賞し、世界パッケージコンテストの「フード部門」にエントリーしました。その結果、世界から集まった74エントリー作品のうちから、「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」を含む43作品が「2017ワールドスター賞」となりました。「フード部門」では、日本からのエントリー中唯一の受賞でした。2017年1月には、WPOより「大統領賞、持続性賞、マーケット賞、食料を保護する包装賞」の特別賞と、個人賞として、「包装における寿命達成賞」が発表される予定です。
 2017年(平成29年)5月4日から5月10日まで、ドイツ・デュッセルドルフで開催される国際包装機械・資材見本市(インターパック)会場で展示公開されるほか、5月4日に授賞式が行われ前山社長が出席する予定です。
 また「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」は、日本パッケージコンテストで入賞したことから、GOOD PACKAGING(GPマーク)を印刷でき、国内で実用新案を申請中です。

 記者会見では、はじめに東北物流(株)の前山社長が、WPOの組織や「2017ワールドスター賞」の概要、受賞に至った経緯を説明し、1988年創業の(株)セゾンファクトリーのパッケージ部門を東北物流(株)が創業以来担当してきていることや、(株)セゾンファクトリーが2014年にフリーズドドライした「チョコいちご」、2015年に「プルーン」「ホオズキ」(ゴールドベリー)の商品企画に伴い、3社連携して商品パッケージの開発に当たった経緯などを述べました。
 (株)セゾンファクトリーの斎藤社長は今回の受賞について、「商品企画から入り、こだわりと気持ちを込めて、各社の連携の中での受賞となりました。嬉しい気持ちです。」と述べました。
 (株)セゾンファクトリーの柳真一郎商品企画部部長は、初年度の「チョコいちご」販売の課題を検討し、商品バリエーションや価格を検討して、「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」を元に、2016年のバレンタインデー、ホワイトデーに向けて販売したところ、全く違うニーズがあったと述べました。今回は、「可愛らしさ」を印象づけたものですが、ピラミッドの形のアイデアは、打ち合わせの中で出てきたもので、「お客が組み合わせて楽しめる」というコンセプトで企画し、お客の評価を得たと手応えを感じています。同社では、20代半ばの商品企画部に所属する女性スタッフ3名が特別チームを作り開発に当たりました。
 2015年2月に、内筒形のものをバレンタインデー、ホワイトデー向けに販売スタートし、2016年2月に、ピラミッドのものを販売、品川駅中や札幌など、全国販売したところ、3種類計3万個を完売しました。駅中では、手土産の需要が高かったと述べています。
 ピラミッドの中身としては、「いちごチョコ」、「プルーン」、「ホオズキ」の3種類があり、3つのピラミッドを購入したお客には、透明のプラスチックパッケージ(立方体)が無料で提供されます。値段は「いちごチョコ」、「プルーン」、「ホオズキ」ともに、各450円(税別)。3つで1350円(税別)です。
 2017年のバレンタインデーは別パッケージで対応するとのことですが、ホワイトデーには、「3つでキューブになるピラミッドパッケージ」が発売される見込みです。
 
(2017年1月4日18:30配信)