newtitle

川西町元旦マラソン大会で180人余が健脚を競う

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 第41回川西町元旦マラソン大会(川西町、同教育委員会主催)が1月1日、川西町民総合体育館前スタートで開催されました。今年は8歳〜80歳までの男女188人がエントリーし、3キロと5キロのコースで健脚を競いました。競技に先立ち開会式が行われ、昨年の各優勝杯が返還された後、原田俊二川西町長が挨拶、中郡小学校の伊藤みつきさんが力強く選手宣誓を行いました。
 午前10時から「小・中学生3㌔の部」、同25分から「各年代別5キロの部」、同30分から「ジョギング3㌔の部」がスタートしました。各選手は、スタート前に体を動かして入念な準備を行い、ピストルの合図で一斉にダッシュ。今年は道路上に雪が全くなく、小雨がぱらついたものの寒さはそれほどでもなく、競技にはまずまずの気象条件でした。各年代別5キロの部では、東海大学山形高校の鈴木渓太さん(米沢市、18歳)が第1位となりました。

(2017年1月1日18:00配信)