newtitle

米沢市青果物地方卸売市場で初市

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 1月5日朝7時半より、米沢市中田町にある米沢市青果物地方卸売市場で、開設者の中川勝米沢市長を始め、市場関係者ら約70人が参加して初市が行われました。
 始めに神事が執り行われ、今年の市場の安全を祈願しました。続いて、中川市長、来賓の近藤洋介衆議院議員、鈴木憲和衆議院議員、米沢青果株式会社代表取締役の佐藤修一氏が挨拶を行い、佐藤社長は「環境に左右されずにしっかりと値引きを行うこと、産地市場として出荷業務を維持、拡大していくことが市場運営として重要。思いを新たに取り組んでいく」と今年の抱負を述べました。
 最期に手締めを行い、今年の市場の活況を祈念しました。また、初市のセリでは階段上に立った購買者がセリ人の威勢の良い声に応えて、次々と注文を出していました。市場には置賜特産の「寒中野菜」や小正月で使用される「団子の木」などが並んでいました。

(2017年1月6日12:10配信)