newtitle

1月26日は文化財防火デー 善光寺で防ぎょ訓練

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 文化財防火デーにあたる1月26日、米沢市万世町堂森にある善光寺(酒井清秀住職)で、火災防ぎょ訓練が行われました。善光寺境内西側杉林に落雷し出火、強風にあおられ善光寺本堂へ延焼の危険性ありという想定です。
 この日は、米沢消防署員や米沢市消防団、同第10分団員ら計25人が参加し、指揮車、ポンプ車など消防車両6台が出動しました。
 訓練では、住職夫人の酒井恵美子さんが出火を消防本部に訓練通報すると、直ちにポンプ車が駆けつけ、杉林に一斉放水を行い、隊員らはきびきびとした動きで訓練を行いました。最後に、酒井住職が同寺の歴史や所蔵する県指定文化財の木造阿弥陀如来像1体と木造伝長井時広夫妻坐像2体の由来を述べ、石川正義米沢市消防団長が講評を行い訓練を終えました。
 国では1月26日が法隆寺金堂壁画が漏電で焼損した日(昭和24年)に当たるため、「文化財防火デー」と定め、米沢市でもこの日に合わせて毎年訓練を行っています。

(2017年1月26日16:00配信)