newtitle

遅筆堂文庫で企画展「井上ひさしと戯作」

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 川西町フレンドリープラザ内にある遅筆堂文庫井上ひさし展示室で、2月14日から5月28日までの期間、企画展「井上ひさしと戯作」を開催しています。(入場無料)
 井上ひさしは、学生時代に触れた江戸時代の戯作文学に自分が物書きになろうと思った原点があると振り返っています。この企画展では、新しくパネル4枚を制作し、井上ひさしの戯作への取り組み内容がわかるようになっています。
 また4月16日、川西町フレンドリープラザで開催する第3回「吉里吉里忌」において、法政大学の田中優子総長による「井上ひさしと江戸」の講演に合わせたものです。
 平成28年4月に赴任した山内七海遅筆堂文庫研究員(川西町地域おこし協力隊)が担当した初めての企画展で、女性の視点で今回の見どころや苦労した点などのインタビューしました。

(2017年2月15日11:10配信)