newtitle

日本舞踊 藤間流「藤美会」(米沢市)が踊り初め

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 米沢市で日本舞踊 藤間流「藤美会」を主宰する藤間都美咲代表は、2月18日、上杉記念館を会場に、「踊り初め」を開催しました。
 初めに、藤間都美咲代表が「今年1年、無事にお稽古ができますように、それぞれの思いを込めて踊ってください」と挨拶しました。
 今年の「踊り初め」では、11の演目で16人が出演し、日頃、藤間代表の元で稽古を積み重ねてきた弟子さんたちが、それぞれに優雅な踊りを見せてくれました。小学生が踊った「手習子」、「藤娘」は堂々としながらも、可愛らしさのある踊りでした。最後に、藤間代表が「松の緑」を踊ると、会場はピーンと緊張感が漂いました。

(2017年2月18日20:55配信)