newtitle

フレンドリープラザ 春待ち音楽祭と市で賑わう

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 川西町フレンドリープラザで、2月25日(土)〜26日(日)、「春待ち音楽祭2017」が開催されています。25日は8団体、26日は5団体が参加します。この春待ち音楽祭は、県内外からJAZZ・カントリーミュージック・吹奏楽・リコーダーアンサンブルなど様々なジャンルの音楽大好き人間が集い、入場無料、出入り自由の音楽祭です。日差しが日々強まり、春を目前にしたこの季節にぴったりなホットな音楽が演奏されました。
 初日のトップバッターは、川西子ども観光大使として活躍している「ラダリヤ」の子どもたちで、中学生1名、小学生10人の計11人が、きらびやかなステージ衣装をまとい、楽しい歌とダンスで観客を魅了しました。
 また、会場では春待ち市が同時開催され、菓子、餅、小物、カフェ、ハーブティーなど19店が出店し、置賜農業高校の生徒たちは、ジャム、プリン、ウインナーソーセージ、ジュースなどを販売していました。
 川西町観光協会が用意した「わたしもおひなさま」のコーナーでは、幼児が簡単に着付けができ、本格的なお雛様、お内裏様の姿になれるとあって、盛んにわが子の写真を撮っていました。

(2017年2月25日18:20配信)