newtitle

中川勝市長 平成29年度市政運営方針を説明

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 米沢市議会の平成29年3月定例会が2月27日に招集され、中川勝米沢市長から平成29年度市政運営方針と、議案の上程説明が行われました。3月定例会初日のこの日は、「米沢市きもの議会」と呼ばれ、昭和54年以来続く、本会議出席の米沢市当局や、議員ら全員がきもの姿で議場に臨みました。
 中川市長は、市政運営方針の中で、「まちづくりの主役は、そこに暮らし、働き、学び、憩う市民一人ひとりであり、市民力を結集し、行政としても最大限の力を発揮し、市政運営に取り組んでまいります」と述べました。
 平成29年度一般会計当初予算総額は、平成28年度当初予算比で−0.1%となる362億8,000万円、特別会計全体では、−3.9%の220億8、779万円、企業会計全体では、−1.6%の107億196万7千円を計上しました。
 3月1日の代表質問を皮切りに、一般質問、続いて各常任委員会、予算特別委員会での議案審査が行われ、最終日の3月24日の本会議で議案の採決を行い、26日間の会期を終える予定です。

(2017年2月28日11:50配信)