newtitle

フルートデュオナッツ&リリー卒業記念コンサート


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 「小学生フルートデュオ ナッツ&リリー」として、小学5年生以来、高齢者福祉施設や保育園、またコンサート会場などで演奏活動を続けてきた米沢市在住の早坂菜摘さん(ナッツ)と平璃々子さん(リリー)の2人が、この3月に米沢市立東部小学校を卒業し、3月19日、2人の卒業記念コンサートが米沢市東部コミュニティセンターで開催されました。同校の吹奏楽クラブで、部長、副部長として活躍してきた2人は、校外でも一年に30回を超えるボランティア演奏会を開催して、多くの人たちに元気と勇気をプレゼントしてきました。当日は、東部小学校の遠藤誠校長先生や同校吹奏楽クラブ顧問の古川美香先生をはじめ、小学校の友だちなどが大勢が会場に駆けつけて2人の演奏を楽しみました。
 第一部は「私たちの軌跡」と題して、これまでの活動をビデオで紹介した後、遠藤誠校長先生が挨拶を行いました。
「早春賦」、「我は海の子」、「上を向いて歩こう」、「花は咲く」など、懐かしい曲が演奏されました。第二部は「旅立ちの日に」をテーマに、「星に願いを」、「花のワルツ」、「ありがとう」や、ナッツ&リリーの2人を指導している山形市在住のフルート奏者大泉水季先生がドビュッシーの「シランクス」を演奏し、「星に願いを」では3人での見事なアンサンブルを聴かせてくれました。当日は、フルートの柔らかな音が会場いっぱいに広がり、聴衆は聴き入っていました。
 4月からは2人は別々の中学校に進学しますが、ナッツ&リリーのコンビで演奏活動は継続していきたいとしています。
 米沢日報デジタルでは、「ナッツ&リリー 卒業記念コンサート」からダイジェストをお届けします。

(2017年3月20日22:15配信)