newtitle

「山形日和。花回廊キャンペーン」でおもてなし


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 桜の季節を前にした4月8日、「『山形日和。』花回廊キャンペーン」の一環として、山形県内のJR12駅で乗降客に対しておもてなしが実施されました。このイベントは、今年3月1日から山形県で新たに開催中の同キャンペーンをPRし、山形を訪れるお客様を地域の人たちの笑顔で迎えようと開催されたもので、置賜地方では、米沢駅、高畠駅、赤湯駅の3ケ所で、それぞれ心のこもったおもてなしがなされました。
 米沢駅では、午前10時から行政、観光関係者など約50人が集まりセレモニーが行われました。午前10時22分着の「つばさ127号」が到着すると、「やまがた愛の武将隊」が演舞を行い、ゆるキャラ「かねたん」、「おせんちゃん」も出迎えました。
 新幹線や普通列車の乗降客に対して、温泉の女将や米沢観光コンベンション協会の会員らは、米沢牛サラミ、舘山りんごジュース、米沢商業高校が開発したチョコレートなどを振舞い、観光パンフレットを配布しました。列車が発車すると、横断幕を掲示しながら手を振って笑顔で見送りしました。
 『山形日和。』花回廊キャンペーンは、7月9日まで開催されます。

(2017年4月8日18:40配信)