newtitle

米沢表千家まこと会 上杉神社で献茶式


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 米沢表千家まこと会(大石宗翠「そうすい」会長)は5月2日、毎年恒例の「上杉神社献茶式」を上杉神社拝殿で行いました。米沢市では同会によって昭和27年から始まり、50年を超える伝統行事となっています。献茶は、崇敬の心を持って神仏にお茶をお供えをする儀式で、表千家家元宗匠を始め、会員らにより全国の神社や仏閣などで行われています。
 当日の献茶式には、米沢表千家まこと会会員、中川勝米沢市長ら来賓など約30人が出席しました。今年の奉仕者には、炭に矢尾板宗泰、お手前に小形宗幹の二人が当たり、上杉神社本殿の荘厳な雰囲気と列席者が見守るなか、古式ゆかしい表千家の作法に従い、小形氏はゆっくりと丁寧にお茶を立て、同神社の大乗寺真二禰宜が拝殿奥の本殿に2服の茶を供えた後、出席者らは玉串を奉呈しました。
 献茶式終了後、出席者は拝殿で「虎最中」の菓子と抹茶を味わいました。

(2017年5月7日14:00配信)