newtitle

米沢市議会、新議長・新副議長就任記者会見から


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 平成29年米沢市議会5月臨時会が5月15日召集され、海老名悟議長、小久保広信副議長の辞職願いが提出され、議長・副議長選挙が行われました。
 その結果、24議員のうち、島軒純一議員が15票、我妻徳(四と心の間に"一")雄議員が9票を獲得し、島軒議員が2年ぶり2度目で、第66代議長の就任しました。米沢市議会議長を2回経験するのは、昭和58年の松田清議長以来34年ぶりです。
 また副議長選挙では、木村芳浩議員が15票、佐藤忠次議員が9票を獲得し、木村議員が副議長に初就任しました。
 臨時会終了後に、島軒議長、木村副議長が就任後初の記者会見を行い、それぞれ抱負を述ました。また記者の質問に答えて、米沢市の課題、議会としての対応策などについての考えを語りました。
 
(2017年5月30日20:15配信)