newtitle

双松バラ園開園、340種6千本のバラが満開中


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 南陽市宮内にある双松バラ園が6月1日開園し、7月5日までの期間、「南陽のバラまつり」が行われています。開園日には神事が行われ、主催者の鈴木和他南陽市観光協会長、白岩孝夫南陽市長らが挨拶し、テープカットを行い開園を祝いました。
 同園は昭和42年に南陽ロータリークラブ置賜バラ会の協力で作られ、米沢盆地を一望できる高台にあり、広さは8,000平方㍍、約340種6,000本のバラが咲き誇る置賜唯一のバラ園です。開園当日は朝に雨が降りバラの葉を濡らしましたが、色鮮やかな赤、白、黄色、薄ピンクなど、美しい花を見せてくれました。今年の開花状況は例年並みということです。
 期間中は、バラの押し花体験サロンやバラの育て方講座、プロモデルによる撮影会と写真コンテスト、バラの苗販売などが開催されます。
 バラ園の開園時間は、午前9時から午後5時(入園は午後4時30分まで)。入園料は大人(中学生以上)300円、小人(小学生)100円、小学生未満無料。南陽市民は入園券で無料。
○問合せは、南陽市観光協会 TEL 0238-40-2002/0238-33-9512まで。

(2017年6月1日15:25配信)