newtitle

「ブラスト!」がリハーサル見学会を開催中


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 永遠に愛されるディズニー音楽の演奏とパフォーマンスを打ち出して、7月9日から全国47都道府県ツアーを行う音楽集団「ブラスト!」が6月2日、南陽市文化会館で報道陣にリハーサルの様子を公開しました。
「ブラスト!」は、5月17日以来、南陽市に宿泊してリハーサルを重ねていますが、6月1日から25日までの15日間、午前11時と午後3時の2回リハーサル見学会を行っています。この見学会は入場無料で、個人の場合は事前申し込み不要、開始5分前までに会場に来れば誰でも見学できます。団体の場合は3日前までに申し込みが必要です。
 この日は、普段着姿の金管楽器やパーカッションなどの楽団員26人と、バレエダンサー8人がリーダーの指導に従って、丹念にリハーサルをくり返していました。楽団員は、米国人作曲家ジョージ・ガーシュインの代表作「ラプソディー・イン・ブルー」を演奏し、金管楽器の華やかな音色とリズムが米国生まれのダイナミックな音楽を感じさせました。またダンスの方では、2組のペアが音楽に合わせて華麗なダンスを見せたほか、旗を空中高く上げたり振り回したりと、見事なパフォーマンスを披露しました。
「ブラスト!」のメンバーは、毎年、オーディションで採用され、今年は日本人5人が参加しています。7月8日には南陽市内の中学生・高校生の希望者に公開リハーサルを行い、7月9日から南陽市文化会館を皮切りにいよいよ全国ツアーがスタートします。

(2017年6月11日10:30配信)