newtitle

(公財)近野教育振興会が高校生29人に奨学金


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 公益財団法人近野教育振興会(鈴木佐知子理事長)は6月30日、平成29年度奨学生決定通知書交付式、米沢市教育委員会教育研究奨励金、及び県立米沢養護学校研究助成金の贈呈式を伝国の杜(米沢市)で開催しました。
 はじめに、米沢市内の米沢興譲館、米沢東、米沢工業、米沢商業、九里学園、米沢中央の6高校から計29人(継続を含む)が奨学生に選ばれ、鈴木理事長より決定通知書と記念品が贈られました。奨学金は、今年度は年間12万円から18万円に増額しました。
 また教育研究奨励金として、米沢市立興譲小学校、同東部小学校、同窪田小学校、同松川小学校、同第5中学校の計5校に各20万円、県立米沢養護学校助成金20万円が、各校校長に対して目録が手渡されました。
 鈴木理事長は奨学生や保護者を前に、創設者である近野兼史夫妻の思いなどについて挨拶を行いました。
 最後に奨学生代表として、米沢中央高等学校3年伊藤紗智子さんがお礼の言葉を述べました。 

(2017年7月1日18:30配信、7月1日19:40最終版配信)