newtitle

370年余の歴史を持つ千眼寺(米沢市)の年越餅つき


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 米沢市窪田町にある千眼寺(せんげんじ、鈴木一志住職)で、12月4日、恒例の年越餅つきが行われ、大勢のお客で賑わいました。この餅つきは、寛永18年(1641)、虫害による大凶作にみまわれた村人が、保呂羽堂の縁の下の砂を撒いたところ、その田だけは豊作になったことから、村人が感謝の餅を供えたのが始まりとされます。
 餅つきは早朝5時半から始まり、保呂羽堂餅つき有志会(加地秀治会長)の20代〜40代の男性会員約30人が交代で、10俵(600㎏)の餅をつきました。もち米は地元産の「こゆきもち」「ひめもち」の2種類を使用しました。
 お寺の庫裏で行われた餅つきは、臼が3個用意され、蒸したもち米がその中に入れられ、初めはゆっくりと煉歌を歌いながら煉り、次に威勢の良い掛け声とともに搗き、最後に揚歌を歌いながら、餅の塊を一気に天井へぶつけるクライマックスを迎えると、観衆から歓声があがりました。
 この日つかれた餅はお寺の檀家らが手分けして、豆餅、あんこ餅、雑煮餅にして訪れた人々に振舞いました。搗きたての餅はとても柔らかく風味も最高でした。主催者は約1,000人のお客が見込まれると述べています。

(2017年12月4日13:10配信)