newtitle

山形県立米沢女子短大卒業式、281人が新たな門出


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 

 山形県立米沢女子短期大学(鈴木道子学長)の平成29年度学位記授与式が3月17日、同大学体育館で行われ、4学科計281人が新たな人生の門出を迎えました。鈴木学長より各学科代表に学位記が授与され、成績優秀者には表彰状、同窓会と米沢市より記念品が贈られました。
 鈴木学長は式辞の中で「学び続けることと逆境の時の身の処し方」の2点について述べ、「自分自身を大切にして、長い人生を元気に過ごしてください」と激励しました。
 来賓や保護者らが見守る中、卒業生を代表し、英語英文学科の佐藤桃華さんが答辞を述べました。
 今年度卒業した学生281人の内、進路別では4大等編入希望者が83人、専門学校等の進学が5人で、就職希望数197人の内、3月12日現在の内定数は262人、決定者は164人となっています。

(2018年3月22日17:10配信)