newtitle

高国寺で新選組組長近藤勇151回忌法要


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 幕末の京都で市中警備にあたった新選組の組長として、維新の志士らに恐れられた近藤勇の祥月命日(しょうつきめいにち)にあたる4月25日、米沢市鍛冶町の高国寺で近藤勇151回忌法要が執り行われました。主催したのは高国寺(西山啓志住職)と「近藤勇のロマンを語る会」(大友久太郎会長)です。
 法要は西山住職らが読経を行う中、会員ら20人余りが次々と焼香を行いました。その後、平成22年5月、高国寺境内に新たに建立された勇の墓に手を合わせました。米沢市在住の小林研一郎さんが、勇が板橋宿の豊田家に監禁中に作った詩を吟じ霊を慰めました。
 勇は慶応4年4月25日(西暦1868年5月17日)、江戸板橋で斬首されましたが、勇の従兄弟近藤金太郎氏が首をひそかに米沢の持ち帰り、高国寺に埋葬したという話が金太郎氏末裔に伝承されています。この伝承と、平成16年の大河ドラマ「新選組」放映が機縁となって、以来、毎年高国寺で法要が行われています。続く直会では、勇のロマンを語り合いながら会員がお酒を酌み交しました。
 当日午前には、現在、茨城県牛久市に在住する勇の生家にあたる宮川家第11代当主の宮川清蔵さんと、その子息の宮川清志さんが高国寺へ焼香に訪れました。宮川さん親子は、昨年4月25日、初めて高国寺を訪れ、以降、高国寺や会員らとの交流を行っています。 

(2018年4月29日17:00配信)