newtitle

「米沢上杉まつり」開幕式〜民謡流しダイジェスト


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 
 米沢春の風物詩、「米沢上杉まつり」が4月29日に行われ、同日午前9時から伝国の杜前広場で、開幕宣言、鏡開き、開幕太鼓、藤美会による奉納舞踊などのオープニングセレモニーが行われました。つづくステージイベントでは、午前9時10分から33団体412人が出演して、歌や踊りを披露し、大勢の観客が集まりました。
 午前10時からは、藩祖上杉謙信を祀る上杉神社で上杉神社例大祭(命日:天正6年3月13日(1578年4月19日:ユリウス暦)が開催されました。同例大祭には、上杉家第17代当主の上杉邦憲ご夫妻が出席しました。同神社境内の能舞台では、米沢金剛流の会員らが奉納の謡いを披露しました。
 午前11時15分からは、米織会館から伝国の杜前広場までの650mのコースで民謡流しが行われ、25団体1,047人が鮮やかな衣装に身を包み、米沢新調と花笠音頭を交互に踊り歩きました。最後尾の立正佼成会米沢教会会員はまといを高く持ち上げ、太鼓をならしながら元気のある舞いを見せてくれました。直江兼続の400回忌に当たる今年は、「直江兼続山車」が登場しました。
 上杉神社周辺の桜は、今年は早い開花となったことからほとんどが散っていました。天候に恵まれた「米沢上杉まつり」初日でした。
 「米沢上杉まつり」は、昭和39年(1964)に、春のまつりとしてスタートし、昭和42年(1967)より「川中島合戦」を加え現在に至っています。
 主催者(米沢上杉まつり実行委員会)は、平成30年「米沢上杉まつり」期間中(4/29~5/3)の目標入込み数を35万人(平成29年実績31万9千人)を掲げました。

(2018年5月6日10:15配信)