newtitle

米沢市 米沢ブランドスローガン等決定、記者発表


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 米沢市は5月23日、市役所内で第2回ブランド戦略会議を開催し、米沢ブランドスローガン、ロゴ等について審議、決定し、続いて記者発表を行いました。
 はじめに中川勝米沢市長が「米沢牛を始めとする農産物や、山形大学工学部での新しいものづくり、さらに400年来続く上杉の城下町としての観光について、どのように市民の意識を高めながら国内外に発信をしていくか、米沢のブランド化が課題だったが、スローガンやロゴマークが決定したことからいろいろな場面で活用して、地域の振興やまちづくりに活かしていきたい」と挨拶しました。
 続いて、米沢ブランド戦略会議会長の柴田正孝氏が、決定したスローガン、ステートメント、ショルダータイトル、ロゴマークについて説明を行いました。
 決定したスローガンは「挑戦と創造のあかし/米沢品質」で、米沢が持っているチャレンジングなDNA品質とそのDNAが作り上げる感動品質を表現し、品質の高い人材や産品、観光などの環境を作っていくという、旗印となるものです。
 ブランドロゴは、「米沢品質」を囲む曲線は、伝統的な紋章の形を現代化し、未来への力を示しています。「沢」のさんずいは最上川の上流として、川の清らかな流れをイメージしています。「挑戦と創造のあかし」に関しては、勢いのある書体を作成し、色も相応しいものを選んだと述べました。
 米沢ブランドスローガン、ロゴ等は今後、使用基準を明確にした上で、今年10月のブランド宣言イベント以降、正式な運用を開始することにしています。

(2018年5月23日21:10配信)