newtitle

米沢おしょうしなRC 生の「音楽」通じて次世代教育


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 米沢おしょうしなロータリークラブ(遠藤浩会長)は、6月9日、伝国の杜置賜文化ホールを会場に、「おしょうしなRC with miwakids LIVE 2018」を開催しました。
 同クラブは今年度の目標に、「植樹事業」と「次世代の子供達への奉仕活動」を掲げています。このイベントはその一環として行われたもので、子供達が世界的な視野を持ち、好奇心に富んだ人間に成長してもらうために、潜在能力を引き出す内容のコンサートとなっています。当日は小さな子供連れの保護者や、ロータリークラブ会員ら約100人が集いました。
 第一部では、ソプラノ、ピアノ、パーカッションの3人の音楽家が出演し、サウンド・オブ・ミュージックより、「ドレミの歌」、「エーデルワイス」や、アニメソングなどお馴染みの歌が披露されました。またピアノ独奏では、ドビュッシーの「アラベスク」第1番、マリンバ演奏では、モンティ作曲「チャールダッシュ」が演奏され、会場は楽しい雰囲気に包まれました。
 第二部では、虫歯の原因となる「ミュータンスをやっつけろ!!」がスライドを使ってわかりやすく紹介され、子供の健康管理の大切さを学びました。お誕生日を祝うイベントやみんなで踊る「ブンバボン体操」など、子供も大人も楽しい1時間あまりの時間を過ごしました。

(2018年6月10日17:15配信、19:50最新版)