newtitle

米沢東高校創立120周年記念の卒業生作品展


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 山形県立米沢東高等学校修誠同窓会(竹田眞知子会長)は、母校創立120周年を記念して、7月25日からよねざわ市民ギャラリー「ナセBA」で卒業生作品展を開催しています。
 同会が卒業生作品展を開催するのは10年ぶり2回目で、今回は「芸術文化の華ここに開くⅡ」をテーマに、書道、絵画、手工芸、写真、文芸の5部門で、計140点を展示しています。いずれも高い芸術性と技術、女性ならではの感性にあふれた作品で、会場いっぱいに芸術の華が咲いていました。
 和田眞紀子さんの「メルク修道院図書館」は、本が細く制作された精巧な作品で、ヨーロッパの雰囲気を漂わせています。油絵では山根かほるさんが描いた「緑映2017(Ⅰ)」など、個性的で印象的な作品が並んでいます。
 会期は7月29日までの午前10時〜午後6時まで(最終日は午後3時まで)、入場無料となっています。

(2018年7月25日21:45配信)