newtitle

戊辰戦争時に米沢で自刃、会津藩士堀粂之助墓前祭


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 慶応4年(1868)の戊辰戦争の際、会津藩は援軍要請のために米沢藩へ堀粂之助と吉村寅之進の2名を派遣しました。しかし、米沢藩はすでに新政府軍への降伏を決定しており、粂之助は使命を果たせず、同年9月5日(1868年10月20日)、米沢の宿舎で自刃しました。享年31歳でした。遺体は米沢の人たちにより龍泉寺(米沢市大町四丁目)に葬られ、戊辰戦争の悲劇を伝えるエピソードとして歴史に止めています。
 9月2日、龍泉寺において「堀粂之助墓前祭」(堀粂之助墓前祭実行委員会 上泉泰代表)が行われました。粂之助の子孫で神奈川県鎌倉市在住の堀英彦さんを始め、同墓前祭世話人、観光ボランティアら20人余りが参加しました。堀英彦さんは堀粂之助から数えて5代目となります。
 粂之助の辞世の句「神かけて誓ひしことのかなわねばふたゝび家路思わざりけり」を宍戸岳荘氏が詩吟上奏を行い粂之助の遺徳を偲びました。昭和46年、龍泉寺に堀粂之助の遺徳を顕彰する墓が整備され、会津藩主松平容保の孫で参議院議員(当時)の松平勇雄氏が揮毫した墓碑が建立されました。

(2018年9月2日21:25配信)