newtitle

東源寺(米沢市)で直江兼続400回忌供養法要

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 上杉家執政として米沢藩初代藩主上杉景勝を補佐した直江兼続の400回忌供養法要が12月19日、米沢市中央5丁目にある東源寺(楠裕行住職)で開催され、40人余りが出席しました。主催したのは米沢市で直江兼続の顕彰活動を行っている米澤直江會(河野由一会長)です。はじめに、楠裕行住職による読経供養が行われ、参列者が次々と焼香を行いました。
 直江兼続は元和5年(1619)12月19日、江戸桜田にある鱗屋敷で享年60歳で亡くなり、菩提寺だった米沢の徳昌寺に葬られました。寛永14年(1634)にお船の方が逝去すると直江家は断絶し、その後、徳昌寺は破却され、直江兼続夫妻の墓は米沢の林泉寺に移されました。林泉寺の位牌には「達山全智居士」と刻まされており、当初の位牌と考えられています。
 現在の東源寺は徳昌寺の破却後に、直江兼続の家臣平林家が下屋敷だった土地を寄進したものです。東源寺は元々、現在の長野県飯山市にあり、開基檀徒は直江兼続の母の実家泉家(泉八家の尾崎家)でした。東源寺にある直江兼続の位牌には「英貔(えいひ)院殿」という院殿号が冠せられていますが、これは直江兼続100回忌法要の際に追贈されたものです。直江兼続の直属家臣団である与板衆は、この東源寺で直江兼続の法要を行ってきました。東源寺には他に、お船の方、兼続の息子である平八景明の位牌が置かれています。
 法要に続いて同所で総会が行われ、新会長に伊藤義昭さん(米沢市南原笹野)が就任することが承認されました。

(2018年12月26日18:25配信)