newtitle
バナー広告1
▲トップページへ戻る

小正月伝統行事 ミズキにだんごの木飾り

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 米沢市児童会館(加藤俊彦館長)で1月14日、だんごの木飾り付けと紙芝居などの小正月の遊びを楽しむイベントが開催されました。
 米沢では以前、小正月期間の1月15日にミズキの木にいろいろな飾り付けを行う「だんごの木飾り」という伝統行事が行われてきました。しかし、現在は家庭で飾る風習はほとんど無くなりました。
 はじめに、同館職員が「だんごの木」のいわれについて話を行いました。子供たちは用意された高さ1.5㍍ほどのミズキの枝に、ふなせんべいといわれるデコレーションを施しました。色鮮やかな「だんごの木飾り」は無事にホールに飾られました。
 子供たちは紙芝居を見ながら、保護者らと午後のひと時を楽しんでいました。

(2019年1月14日17:10配信)