newtitle
バナー広告1
▲トップページへ戻る

米沢市市制施行130周年式典会場でHAM記念局運用




 米沢市は9月1日、伝国の杜置賜文化ホールで米沢市市制130周年記念式典を挙行しました。これに合わせて、「やまがた県南アマチュア無線クラブ」(澁谷信行会長、会員数14人)は、伝国の杜玄関前で、米沢市市制130周年記念局の「8J7YONZW」の運用を行いました。これは米沢市市制130周年に合わせて、米沢市の四季の風景や祭りの楽しさなどを全国に広くPRしようと、7月20日から米沢市内で開催されるイベントに合わせて運用しているものです。
 会員は午前8時からテント張り、無線機やアンテナの設置を行い、午前9時半過ぎから記念式典出席者が記念局前を通り過ぎる中で公開オペレーションを行いました。
 この日は、お昼までに北海道、九州など、約30局と交信を行いました。交信した局には記念の交信証(QSLカード)を発行します。
 記念局は10月5日・6日に米沢市営体育館で開催される米沢市生涯学習フェスティバルでも運用する予定です。

(2019年9月1日17:50配信)