newtitle
バナー広告1




▲トップページへ戻る

米沢市内小学5年生全員に民法学者我妻榮の小冊子贈呈




 公益社団法人米沢有為会我妻榮記念館(矢尾板操館長)は、将来を担う小学生に郷土の偉人を知ってもらおうと、米沢市内の小学5年生全員に「故郷を愛した民法学者我妻榮先生」の小冊子配布事業を始めました。
 これは令和元年度から新たに「我妻榮記念館管理運営補助金」が米沢市より助成されることになり、同記念館の運営母体である米沢有為会米沢支部で検討を重ねた結果、毎年代表校を選び小冊子の贈呈式を行い、さらに小学5年生全員に配布を行い、我妻先生の遺徳を伝えて行こうとするものです。
 今年度第1回目となる贈呈式が9月11日、米沢市立関根小学校(太田和広校長)で、5年生4人を含む学校、米沢有為会関係者が出席して行われました。
 太田和広校長、矢尾板操館長が挨拶を行い、続いて矢尾板館長より5年生一人一人に小冊子が配布されました。

 配布された小冊子は、平成24年11月、我妻榮記念館開館20周年記念事業実行委員会が発行したもので、A6版カラー16頁で構成されています。我妻榮(1897〜1973)の生い立ちや恩師赤井運次郎先生との出会い、民法のバイブルと言われる著作「民法講義」、さらに生涯にわたっての故郷や恩師への想いなどについて触れられています。
 令和元年度は1000冊を印刷し、米沢市内小学5年生730人、学校長・教頭、担任、図書室分として120冊の計850冊を学校に配布します。

(2019年9月12日13:00配信)