newtitle
バナー広告1




▲トップページへ戻る

JA山形おきたま 米沢市にカーブミラー6基贈呈




 山形おきたま農業協同組合(以下、JA山形おきたま)、全国共済農業協同組合連合会山形県本部は、10月25日、米沢市役所に中川勝市長を訪れ、カーブミラー6基の贈呈を行いました。
 はじめにJA山形おきたま代表理事組合長の木村敏和氏が中川市長に、カーブミラーの目録を手渡しました。続いて中川勝市長が御礼の言葉を述べました。
 同組合は、地域住民や組合員の生活の安定と充実に取り組む中で、「JA共済の地域貢献活動」の一つとして、昭和48年から交通安全機器等を寄附してきました。これまで米沢市には、昭和48年から平成28年まで、合計399基のカーブミラー、および3台の救急車、平成29年以降はカーブミラー6基を贈呈しています。今年、置賜3市5町へは計38基のカーブミラーを贈呈します。
 カーブミラーは、一面鏡丸型800φのシングル支柱の仕様のもので、米沢市では今回の贈呈を受けて、老朽化したカーブミラーと交換で使用するとしています。

(2019年10月26日15:00配信)