newtitle
バナー広告1


竹田 歴史講座


▲トップページへ戻る

川西町元旦マラソン大会 丸子晴樹さんが総合優勝




 第44回川西町元旦マラソン大会(主催:川西町、同教育委員会)が1月1日、川西町民総合体育館前をスタート、およびゴールで行われました。今年は6歳~79歳までの男女217人(昨年は226人)がエントリーし、3キロと5キロのコースで健脚を競いました。競技に先立ち開会式が行われ、昨年の各優勝杯返還、原田俊二川西町長挨拶、選手宣誓などが行われました。
 午前10時から「3キロの部 小・中学生」、同25分から「5キロの部 各年代別」、同30分から「3キロの部 ジョギング」がそれぞれスタートしました。各選手はスタート前に体を動かして入念に準備を行い、ピストルの合図で一斉にダッシュしました。参加者の中は、タイガーマスクをかぶったり、恐竜の格好で参加するなど会場を和ませました。
 天候はスタート前にはほぼ晴れ上がり、道路上の雪もわずかでまずまずのコースコンディションでした。結果は5キロの部各年代別で、米沢興譲館高校1年の丸子晴樹さんが15分30秒で総合優勝杯を手にしました。

(2020年1月1日18:05配信)