newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

社会を明るくする運動、内閣総理大臣メッセージを伝達





 犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築く運動「社会を明るくする運動」は、毎年7月を強調月間として多くのイベントを開催しています。
 強調月間に先立ち、内閣総理大臣から発出されたメッセージを市長、議長に伝達する「第70回社会を明るくする運動内閣総理大臣メッセージ伝達式」が6月8日、米沢市役所で行われました。
 はじめに米沢地区保護司会会長の本田勢治氏が、社会を明るくする運動推進委員会委員長の中川勝米沢市長、及び米沢市議会鳥海隆太議長に対して、メッセージを読み上げてそれぞれに伝達しました。
 安倍晋三内閣総理大臣からのメッセージでは、「〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ〜に向けて」と題するもので、「社会を明るくする運動」が昭和26年に始まり、今年が記念すべき第70回を迎えたことや、安全で安心な国づくりのためには、犯罪や非行から立ち直ろうとする人たちを再び地域の輪に迎え入れ、責任ある社会の一員になるよう支えることなどが重要と述べています。
 続いて、中川勝市長、鳥海隆太議長がそれぞれ挨拶を述べました。
 今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から、強調月間では多くの人が参加するイベント等は中止し、ポスター掲示、リーフレット配布等の広報活動を主に活動を行うとしています。