newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

世界の漆芸作家36人が越前和紙とコラボした展覧会





 白鷹町文化交流センターあゆーむを会場に、6月13日(土)から7月12日(日)まで、「世界の漆芸作家36人による越前和紙×漆芸(しつげい)〜令和の世界36歌仙」の展覧会が開催されています。
 中国、韓国、ベトナム、ドイツ、ロシア、オランダ、フランス、スペイン、ハンガリー、台湾、日本の世界10カ国1地域に住む36人の漆芸作家に越前和紙を数種類送り、漆で自分の世界観を表現した作品36点が集まり、また作者には詩や短歌を添えてもらいました。ほかに日本人作家には、一人当たり数点の漆芸作品をお願いし、こちらは48点展示しています。
 この展覧会は福井県が主体となリ実現したもので、平成記念美術館ギャラリーで展示されたのちに、あゆーむでの巡回となったものです。