newtitle



画像04が表示されない

竹田 歴史講座

▲トップページへ戻る

近藤洋介米沢市長が初登庁、就任式で抱負と方針




 令和5年11月26日に行われた米沢市長選挙で初当選を果たした近藤洋介氏が、12月22日、米沢市役所に初登庁しました。
 午前9時に公用車で市役所に到着した近藤洋介氏は、職員からバッチを付けてもらった後、職員と支援者から花束の贈呈を受けました。
 9時15分から市長室で就任記者会見を行い、続いて10時から本会議場で就任式に臨み、幹部職員を前に市長訓示を行いました。
 近藤市長は、就任式の中で「対話、実行、情報の公開」の3つを市政運営の基本として、諸事業に取り組む決意を述べました。
 また近藤市長は、「市民との対話、現場を訪ねて意見を交わすことや、他団体との連携を図りながら情報収集を行って欲しいこと、改善を目指して実行して欲しいこと」などを職員に協力を求めました。